カテゴリー
COLUMN

REGBODYの食事メソッド大公開パート4

皆さま、こんには!
REGBODYトレーナーの森崎です。

さて、本日はREGBODYの食事メソッド「FOOD&DIET」、パート4をお届けいたします!

パート1、2、3をまだ読んでいない方は下記からどうぞ(別ウィンドウで開きます)

パート1はこちら

パート2はこちら

パート3はこちら

さて、パート3までにP(タンパク質)、F(脂質)、
C(糖質)についてのお話でしたが、パート4では実際にご自身に必要なPFCの計算からスタートしていきたいと思います!

PFCの計算

それではまず、ご自身の PFC バランスとカ ロリーを計算してみましょう! 

いかがでしょうか?ここに各栄養素のカロリーを計算にいれると、1日の必要カロリーが算出できます!

タンパク質:1g = 4kcal
脂質:1g = 9kcal
糖質:1g= 4kcal

なので、例えばタンパク質100gであれば100gx4kcal   = 400kcal という計算です。

またここでは栄養素のgを計算しているので実際の食品の重量ではないことに注意してください。

例えば鶏の胸肉を100g食べても、含まれるたんぱく質は20g程度であったり、ごはん1合の炊き上がりは330g程度ですが、含まれる糖質量は110g程度と、食品の重量はそのまま栄養素の重量にはならない点がポイントです!

 

ダイエットの基本的な考え方

このように最初から全てをやってみるので はなく、下段から順番にやってみることが 成功する秘訣です。

外食等が多く、食事の内容をコントロール できない場合は量をコントロールして1日 に決められたカロリー内に収めるようにす る 。

カロリーコントロールができるようになっ たら、次は PFC バランスを守ってみる。

PFC バランスが守れるようになったら水 やミネラル、ビタミン摂取を心掛ける。

そ し て そ の 後 に 食 事 の 回 数 ( 少 量 を 数 回 )、 タイミング(午後10時~午前2時を避け る)を考える。 

最後にサプリを利用するとより効果的にダ イエットを成功させることができます。
サ プリの優先順位は低いのですが、筋肉をつ くるのに必要なタンパク質の 1 日推奨量を 食事で摂ることは難しく、またトレ後のタ ンパク質補給の有効性を考えると、プロテ インを摂取すること、そしてタンパク質合 成(筋肉をつくる)のに必要なビタミン B 群、ビタミン D、マグネシウムや鉄、亜鉛 などは積極的に摂っていくと良いでしょ う 。 

ポイントはタンパク質だけでは筋肉はできない!ということですね!

では筋肉を作るために必要なその他の栄養素を見ていきましょう!

ここまででカラダを変えるために必要な栄 養 素 、タ ン パ ク 質 、脂 質 、炭 水 化 物 ( 糖 質 ) について見てきましたがいかがでしょう か 。 そ れ ぞ れ の 項 目 で お 勧 め の 食 材( O K 食 材 ) と控えるべき食材(NG 食材)を記載しま したが、ポイントとして以下のことを基本 としましょう!

メニュー選びのポイント!

【タンパク質の摂取】

  • 脂質の少ない肉を食べる
  • 鶏肉だけでなく色々なたんぱく源を摂る
    • (色々な肉類、卵、大豆製品など)
  • こまめに食べる

【脂質の摂取】

  • カラダに悪い油(サラダ油やラード、牛
    脂、バターなど)を控える
  • 脂身に気を付ける(牛や豚のばら肉な
    ど )
  • カラダに良い油を摂る(オリーブオイル
    など。ただし量には注意。できれば計量
    スプーンで測る)
  • 青魚はお勧め!

【炭水化物(糖質)の摂取】

  • 低 GI の糖質を選ぶ
  • 筋トレ直後はご褒美として高 GI の糖質
    を摂る(大福など和菓子がお勧め!洋菓
    子は NG)
  • ラカントなどのゼロカロリー天然甘味料
    を利用する
  • 必要な糖質量はきちんと摂取する(糖質
    制限をしすぎない)
  • 夜は炭水化物を摂取しない

【食事全般について】

  • 食事の順番に気を付ける→血糖値を緩
    やかにあげ、脂肪の蓄積を防ぐ
  • サラダや海藻類などの食物繊維を先に
    食べる(血糖値があがりづらくなり脂
    肪の吸収を抑える)
  • タンパク質を次にたべる
  • 最後に糖質を食べる
  • 揚げ物などの油ものは極力控える
  • これも食べられない→これも食べられ
    るというポジティブな意識を持つ
  • 水は 1 日 2 リットルを目標にする
  • 一日食べ過ぎても次の日に挽回し、一
    週間(7 日)のうち、6勝(食事を気を
    付 け た 日 )1 敗( ち ょ っ と 食 べ す ぎ た 日 )
    を目指す
  • ピラミッドを意識し、まずは 1 日のカ
    ロリー量を守ることから始める
  • カロリーが守れたら PFC バランスを意
    識する

NGとOK食材を知る!

お勧めの間食!(タンパク質豊富!)

各コンビニのお勧め!

ではここで1日の食事の流れの一例をお見せしましょう!

 

さて、ここからはみんなが気になる!飲み会の楽しみ方です!

最終チェック!

多く感じるかもしれませんが、基本のピラミッドを忘れずにいてもらえれば必ず理想のカラダになることができます!

代表の濱田より皆様に

メッセージ!

10項目の知識を取り入れ「正しい食事習慣」をつくることは、あなたを理想のカラダへと導く上で欠かせない大切な内容です。そしてここで得た知識は、あなたの人生に一生活かせる知識だと言っても過言ではありません。
まずは 1 つずつ着実に積み上げ、REGBODY と一緒に人生最高のカラダをつくりあげましょう!

何か 1 つでもわからないことがあれば、お気軽にトレーナーにご相談ください。

REGBODY では会員様限定でオリジナルプロテイン、オリジナル CLA サプリメントをご提供しています。

REGBODY のプロトレーナー陣も愛飲する、運動、食事効果を高める理想的な一品です。このコラムをご覧になり気になった方は是非お問合せください!

以上で、REGBODY食事メソッド、FOOD&DIETは終了です!REGBODYではこのメソッド(科学的な根拠に基づく食事方法)に加えて、皆様のライフスタイル、目標設定に合わせた無理のない食事方法をご提案しています!

少しでも気になられたら是非無料体験カウンセリングにお越しください。

カテゴリー
COLUMN

REGBODYの食事メソッド大公開パート3

皆さま、こんには!
REGBODYトレーナーの森崎です。

さて、本日はREGBODYの食事メソッド「FOOD&DIET」、本日はパート3をお届けいたします!
また3部構成の予定だったのですが、少々長くなるため4部構成とさせていただきたいと思います。ご了承くださいませ。 パート1、2をまだ読んでいない方は下記からどうぞ(別ウィンドウで開きます)

パート1はこちら

パート2はこちら

C:炭水化物(糖質)について 

 

 炭水化物はお米・パンや麺類などの小麦、 イモ類などに多く含まれます。消化された 炭水化物はブドウ糖などに分解され、肝臓 や筋肉にグリコーゲンとして貯えられた り、一部は血液中に血糖として入ったりし ます。

グリコーゲンは空腹時の血糖値の調整、そして筋トレのような高強度の運動時にエネ ルギー源として働きます。
またブドウ糖は脳や中枢神経系の唯一のエネルギー源です。

また炭水化物(糖質)はタンパク質と同じ1gあたり4kcal です。ただし、炭水化物は糖質+食物繊維のことを指すため、ダイエット中は正確には糖質の量を気にするようにしましょう!

 

 糖質の重要性 

 

炭水化物はお米・パンや麺類などの小麦、 イモ類などに多く含まれます。消化された 炭水化物はブドウ糖などに分解され、肝臓 や筋肉にグリコーゲンとして貯えられた り、一部は血液中に血糖として入ったりします。

グリコーゲンは空腹時の血糖値の調整、そして筋トレのような高強度の運動時にエネ ルギー源として働きます。
またブドウ糖は 脳や中枢神経系の唯一のエネルギー源です 。

筋肉を動かすには糖質が必要です。糖質を摂取することで
エネルギー源となるグリ コーゲンとなりカラダに貯蔵されるため、PFC バランスで計算した糖質は必ず摂取するようにしましょう!

糖質が少なすぎると筋肉が分解され、エネ ルギー源として使われてしまうことも知っ ておきましょう。

 

高 GI 食品と低 GI 食品 

 

糖質(炭水化物)を含む食品には血糖値を急激に上昇させる高 GI 食品血糖値を緩やかに上昇させる低 GI 食品があります。高 GI 食品を摂取して急激に血糖値があがると体の中でインスリンというホルモンが過剰に分泌され、それが脂肪の合成を促進するため、できるだけ低 GI の食品を選びましょう。

上記のグラフの通り、高GIでは脂肪の蓄積が起こりやすいことがわかります。特保などの食品によくある脂肪と糖の吸収を抑える、という機能は「難消化性デキストリン」という食物繊維が含まれ、それがGIを下げることで上のような血糖値の急上昇を抑え、結果として脂肪の吸収を抑えることがわかっています。

では低GIと高GIの違いを見てみましょう!

このようにやはりダイエットにおいては低GIをお勧めしております。わかりやすいのはなるべく加工されていない炭水化物(色が茶色のもの、白米より玄米、うどんよりそば)を選ぶとよいですね!簡単ですが、以下に高GI、中GI、低GIの食品についてまとめてみました。

果物類に含まれる果糖は直接脂肪に変換されやすい性質があるため、食べすぎに注意するようにしましょう。

 

調味料について

上記以外の調味料・ラカントなどの 天然甘味料(ゼロカロリー)を利用するのがお勧めです!
ラカントは商品名ですが、羅漢果という果物から作った甘味料で、甘さは砂糖と変わりませんが、人間のカラダが吸収しないため、甘さは感じますがカロリーはゼロという素晴らしい調味料です!

高GIを食べても良いタイミング!

普段の食事では低 GI の食品がお勧めですが、筋トレ直後だけはインスリンが上昇するほうがタンパク質の吸収率が良くなるため、筋トレ直後はご褒美として大福などの 和菓子を食べるという楽しみをつくることも筋トレや食事を楽しむ秘訣です!

またインスリンがでることで筋トレ直後にでるストレスホルモン、コルチゾールを抑える働きも大切です!(コルチゾールがでると筋肉が分解されやすくなるため)

 

さて、パート3はこの辺で終わりに致しましょう!
いかがでしたか?糖質だけでも色々ありますが、、糖質は必要量を食べる、低GIを選ぶ!この2つがポイントですね!

次回パート4ではダイエットの基本的な考えた方、そして皆様のダイエットに必要なカロリー、PFCバランス(タンパク質、脂質、糖質の必要量)の計算方法、飲み会を100%楽しむ方法などを公開いたします!

お楽しみに!

 

カテゴリー
COLUMN

REGBODYの食事メソッド大公開パート2

皆さま、こんには!
REGBODYトレーナーの森崎です。

さて、昨日から公開しております、REGBODYの食事メソッド「FOOD&DIET」、本日はパート2をお届けいたします!
パート1をまだ読んでいらっしゃらない方は下記からどうぞ!(別ウィンドウが開きます)

パート1はこちら

では早速、パート2は「筋肉をつくる方法」から見ていきましょう!

 

筋肉をつくる 

カラダを変えるには筋トレははずせません。では筋肉をつくるとは具体的にどのようにすれば良いのか? ここでは筋肉をつくる具体的な方法を 確認してみましょう。 

タンパク質を摂るお勧めタイミング!

ではタンパク質はどのようなタイミングで摂るのは良いのでしょうか?

朝起きてからプロテイン!

朝食はタンパク質が不足しがちです。朝か らしっかりプロテインを摂ることで筋肉の 分解を防ぎます。

 

トレーニング2時間前にプロテイン

2時間前にプロテインを飲むと消化されて アミノ酸に分解されます。血中のアミノ酸 濃度が高いと筋トレ中の筋肉分解、疲労軽 減の効果があります。 2時間前に飲めない場合はBCAA や EAA といったアミノ酸をトレーニング中に飲む と良いでしょう。

 

トレーニング直後にプロテイン

トレーニング直後は筋肉が合成(回復)し ようとしています。その時にしっかりと材 料となるプロテイン(タンパク質)を摂る ことで効果を最大限にすることができま す 。

 

寝る前にプロテイン

一日に必要なタンパク質量が足りない場合 は、最後に足りない分を摂りましょう!た だし、1 日を通してこまめに摂取すること が大切です。

 


さて、パート1でもお話しましたが、カラダを変えるには食事に対する意識を変えることが絶対に必要です!
ここでは改めて意識改革についてお話を進めていきましょう。

 

収入=食事について

次に収入(カラダに入るもの)についてご 説明いたします。 本 書 の 最 初 に も お 話 し た 内 容 で す が 、「 出 る( ト レ ー ニ ン グ )」を い く ら や っ て も 、「 入 り ( 食 事 )」 が 多 す ぎ た り 、 内 容 が 悪 か っ たりするとどれだけやってもカラダは変化 しません。 食事の意識を変えることが最も大切だとい う意識を持ちましょう!

PFC バランスを意識する

PFC バランスとはタンパク質(Protein の P )、 脂 質 ( F a t の F )、 炭 水 化 物 (Carbohydrate の C)のそれぞれの 1 日摂取量のバランスのことです。 REGBODY では科学的根拠に基づいた計算を行い、そこからトレーナーの減 量経験や指導経験を基にした調整を行って最終的にお客様が目標を達成するための数値を決定します。 

各栄養素の科学的な摂取量は以下の通りで す 。

140g というと肉に換算した場合、約 700 gとなり、食事から摂ることはとても難し い量となります。

このため食事から摂取することが理想的で はありますが、摂取タイミングや一日に必 要な量を摂るにはプロテインを摂ることが ほとんどの場合で必要になってきます。

また食事からタンパク質を摂取する際に、 脂質が多くなってしまうこともあり、気を 付けることが重要です。

タンパク質について

人のカラダの約20%はたんぱく質ででき ています。たんぱく質は筋肉だけでなく、 皮膚や髪の毛、爪、臓器、ホルモンや免疫 体などカラダの大部分を構成する大切な栄 養素です。 20% というと少なく感じますが、カラダ の 60%が水分とすると、残り 40%のう ち半分がタンパク質ということになりま す 。

タンパク質は糖質と同じ、1gあたり4kcal です!

タンパク質の必要摂取量は上記に記載があ るように、体重1kgあたり2gとかなり の量が必要になります。その量をどのよう に摂っていくかを見てみましょう。

摂取タイミング

3 ~4時間間隔で摂取する。 筋肉を分解させないためには「空腹感」を 感じないことが大切です。そのためにはタ ンパク質の消化時間を考慮し、タンパク質 を摂れれば最高です!

タンパク質(150g/日)の場合など高タンパ クであればトレ前、就寝前にプロテインを 摂取しましょう。

 

F:脂質について 

脂質には 、肉 や 乳 製 品 に 含 ま れ る「 動 物 性 」 と、オリーブオイルやごま油などの「植物 性」があります。脂肪(脂質)の主な役割 はエネルギーの貯蔵庫。 エネルギーとして利用されるだけでなく、 脂質には脂溶性ビタミン(A,D,E,K)の吸 収を助ける働きがあり、不足すると骨密度 の低下や肌荒れの原因となります。 脂肪の摂りすぎは問題ですが、不足しすぎ てもカラダにはよくありません。種類と量 を把握し、上手に摂取することが重要です。

脂質(油)と一口に言っても様々な種類が あり、少なからずカラダに必要なもので す。過剰に摂取すれば当然脂肪として残り ますが、良質な油を摂ることはダイエット には必要です!

脂肪を落とす難しさについて

脂肪を 1 ㎏落とすには実に 7200kcal の マイナスをつくることが必要です。これは 一日に 1000kcal マイナスをつくって一 週間で達成できるように感じられますが、 実際に 1 日にマイナス 1000kcal を達成 することはトレーナーであっても難しいの です。 そのためまずは脂肪をつけない工夫(食事 の 大 切 さ )、 そ し て エ ネ ル ギ ー 消 費 量 を 高 くするための筋肉量アップ(トレーニング の大切さ)をすることが重要であることを 確認しましょう!

さて、そろそろ長くなってきましたので、パート2はこのあたりで!次回は月曜日にパート3をお届けします。

パート3では皆さんが気になる炭水化物(糖質)の摂り方、糖質の種類、適切な量について、それからダイエットの基本的な考え方などを一緒に学んでいきましょう!

 

 

カテゴリー
COLUMN

REGBODYの食事メソッド大公開パート1

皆さま、こんには!
REGBODYトレーナーの森崎です。
明日から連休の方も多いと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日はなんとREGBODYの食事メソッド「FOOD&DIET」を大公開いたします!
連休中に皆様に楽しんでいただけるよう以下連休中3回に分けて投稿させていただきます!

全3回の内容はコチラ↓

Food & Dietコンテンツ

  1. カロリーについて 
  2. 自己診断 
  3. カロリー収支 
  4. 食事に対する意識改革 
  5. 脂質について 
  6. 炭水化物について 
  7. タンパク質について 
  8. ダイエットの基本的な考え方 
  9. メニュー選びのポイント 
  10. 1日の流れ
  11. 確認チェックリスト 
  12. 最後に 

では、ここから早速スタートしていきましょう!

 

はじめに

 

REGBODY Food&Diet はカラダをつ くるために必要な2つの習慣、つまり 「 ト レ ー ニ ン グ 習 慣 」と「 食 事 の 習 慣 」、 特に「食事の習慣」についてまとめた ものです。

習慣を変えるには意識を変える必要が あります。
意識を変え 2 週間行動する ことができれば、それは習慣となり皆 様の一生の財産となることは間違いあ りません。
食事の習慣はトレーニングの習慣と同 じ、またはそれ以上に大切なもので す 。

これからスタートする REGBODY で のボディメイクやダイエットが人生最 高のものになるために、食事に対する意識改革は 絶対に必要になります。  お客様が本書のノウハウを身に着け、 日常に活かせるようになること、それが Food&Diet のゴールです。

カロリーについて 

ダイエット(減量)の基本はカロリー収支 で す 。
つ ま り 出 る カ ロ リ ー( ト レ ー ニ ン グ ) が入るカロリー(食事)よりも上回ってい れば、体重は減少します。
トレーニングでは当然カロリーを

消費し、 また筋肉がつくことで基礎代謝があがりま すので日常的なカロリー消費量(出るカロ リー)は増加してきます。

しかしながら、一日 3 回食事を摂るとすれ ば一週間で 21 回もある食事の一回一回を 意識する(入れるカロリーを意識する)ほ うがカラダを変えるためには必要です。

 

自己診断チェック

以下の食事に関する自己診断チェックを確 認してみましょう! 

〇か× でお答えいただき、×が多い方は特に意識改革が必要です。

 

  • 炭水化物(お米、パン、麺類)を 食べる量は気を付けている
  • タンパク質 (肉・魚・卵・大豆食品・乳製品)を 多く摂るようにしている
  • 揚げ物は控えめ、または全く食べない
  • 外食はほとんどしない
  • 野菜をたくさん摂るようにしている
  • カロリーを気にしている
  • 甘いものは控えめにしている 
  • お酒は控えめにしている
  • 1 日 3 食きちんと食べている
  • 夕食は一日の中で 一番少ない量にしている

 

カロリー収支
(入り=食事、出る=トレーニング)

筋肉をつくる具体的な方法を 確認してみましょう。
○× チェックはいかがでしたでしょうか。
ここからは具体的なカロリー収支についてご説明していきたいと思います。

まず減量 におけるカロリー収支とは以下のことを指 します。

この支出をいかに増やし、収入を必要なも のに絞ること(食事 トレーニング)で減 量することが可能になります。ではそれぞ れについて詳しく見ていきましょう。

支出=トレーニングについて 

では支出を増やすにはどうしたらいいのか 考えてみましょう。まず支出を分解すると以下のようになります!

このうち重要なことは基礎代謝をあげ、ト レーニングをしてないときにもカロリーを 消費するカラダを手に入れることが大切で す 。 ではなぜ、筋肉をつけると消費するエネル ギーが大きくなるのでしょうか。 これは車のエンジンで例えてみてみるとわ かりやすくなります。

筋肉をつけるということは、エコカーのエ ンジン(動いていないときにカロリーを燃 やさない=基礎代謝が低い状態)から F1 のエンジン(動いていないときでもカロ リーを消費する=基礎代謝が高い)にアッ プグレードするようなもので、当然どちら のエンジンのほうがガソリン(つまりカロ リー)を消費するかは一目瞭然です。 エンジンを大きくするには負荷をかける= 筋トレをする、こと、そしてエンジンを大 きくする材料を摂る(タンパク質を必要量 摂取する)ことが重要です。

いかがでしたでしょうか? 第2部は具体的な筋肉の作り方についてご案内いたします! 続きはまた明日!

 

カテゴリー
COLUMN

トレーニングが自分のレベルに合っているかの判断基準とは?!

皆さん、こんにちは!
REGBODYトレーナーの森崎です。

現在トレーニングを行っている皆さん、今ルーティンで行っているエクササイズ、ご自分のレベルに合っているかどうか迷ったことありませんか? 例えばこんな時、、

・ずっとやってるけど効果がでない
・毎日同じメニューをやっている
・そもそも正しいのかわからない
・食べ物は気を付けていない

など、、、

今日はそんな悩みを解決する方法をご紹介します!

ASK YOURSELF THE FOLLOWING QUESTIONS,,,
以下の質問を自分に問いかけてみましょう。
質問1:継続的に負荷をあげてますか?
   【↑三頭筋を鍛える仲松トレーナーの図↑】

 

筋トレを始めたばかりだと、すぐに結果がでてくる(力が入るようになる、すぐにウェイトを重たくできる)のですが、割と早い段階で結果が続かなくなってしまいます。カラダは(特にトレーニング初期の2-3か月)で慣れてしまい、負荷を上げる必要がでてきます。

負荷をあげるには様々な方法がありますが、例として

  1. 重量をあげる
  2. セット数を増やす
  3. セット数と重量をあげる(強度をあげる)
  4. スピードを速くする
  5. 可動域を大きくする
  6. 筋緊張の時間を長くする(Time Under Tension)

など、単純に重量をあげるだけでなく様々な方法があります。

 

質問2:その筋トレ、本当にご自身に合ってますか?

トレーニングのレベル、これまでやってきたエクササイズ、誰に教わったのか、どこでやっているのか、トレーニングをしている全員が違う環境で、それぞれのレベルでやっているのですが、そんな中でもやはり「自分に合っていない筋トレ」というものは存在します。

では「自分に合っていない筋トレ」とはどういうことでしょう?
例えば
  • 自分の関節可動域(柔軟性など)が足りていない
  • 目的の筋肉にきちんと効果がない
  • 目的の筋肉以外に力がはいってしまう

などなど、、ではどうしてこのようなことが起こるのか。

それはやはり「適切な負荷、適切なエクササイズ、適切なタイミングで負荷を上げる」といった過程を経ず、自分がやりやすいエクササイズ、自分が得意なエクササイズに偏ってしまい、また重量もほどほどでいるとそのような状態になりやすくなってしまいます。特に基本のエクササイズをしっかりとやり込まず、いきなりレベルの高いエクササイズにチャレンジしても怪我の可能性が増えたり、きちんとできていなかったりするケースをジムではよく見かけます。

 

質問3:その筋トレで痛みがでませんか?

もちろん、スクワットやランジをしているときに「スクワットはつらい、、脚がきてる、、ランジもつらい、、脚がガクガクする、、」などは乗り越えていくべき「トレーニングの苦しさ」ですが、トレーニングは決して「痛み」を起こしてはいけません。もしも今行っているエクササイズが、トレーニング後に「痛み」を起こしたり、「慢性的な痛み」を引き起こすようであれば、それは今のあなたにとって「適したエクササイズ」ではないのは間違いありません。

では、上記の質問2と質問3の問題がある場合の解決案として

・経験のあるトレーナーをつける(フォーム確認や姿勢・動作チェックなどができる

・エクササイズのバリエーションを変える

質問4:その筋トレを楽しんでますか?

これがある意味一番大切かもしれません。
もちろん「楽しい=楽」というものではなく、「楽しい」とはその筋トレを通して「達成感がある」、「効果を感じられる」、「体が変わる!」といったものが筋トレでの「楽しさ」だと思います。

もしも皆さんが4つの質問に当てはまるのなら、ぜひ経験が豊かなトレーナーと一緒にトレーニングをすることで、どんな筋トレが自分のカラダにあっているのか、楽しんでやるにはどうすれば良いのか、などREGBODYに気軽にご相談ください。REGBODYトレーナーは皆さまのジムでのメニュー作成などのアフターフォロー、姿勢や動作のチェック、正しい知識を身に着けてもらえるように心がけていますので、気軽に体験にお越しください。

 

 

カテゴリー
COLUMN

この食事を続けるだけで勝手に痩せる!

この食事で痩せる!

 

皆さん、こんにちは!REGBODYトレーナーの森崎です。
本日はREGBODYで皆さんにお伝えしている「この食事で痩せる!」方法についてお話をさせていただきたいと思います!

ちなみに今回のコラムの写真(コラムページ)はREGBODYのYouTubeチャンネルで行っているダイエット企画です!

是非、ご覧ください^^

REGBODY Food & Diet

REGBODYFood&Diet

REGBODYの「食事の基本」とは言いましたが、これからお話する内容は「REGBODY開発のオリジナルメソッド!!」などではなく、科学的な根拠やアメリカにある世界的なトレーナー協会の考えに基づくもので、どなたでも行うことができるダイエットやボディメイクにおける基本的な考え方です。

 

REGBODYでは「Food & Diet」という電子版冊子を入会された皆様にお配りしておりますが、今日はその中からいくつかの内容を抜粋してお話したいと思います。

 

食事のインパクト > トレーニング

さて、みなさんがダイエットだったり、ボディメイクだったり、身体を変えよう!と思うとき、「食事」と「トレーニング・運動」が必要なことはすぐに頭に浮かぶと思いますが、では、食事習慣がカラダに与えるインパクトと、トレーニング習慣がカラダに与えるインパクト、どちらが大きいでしょうか?

答えはもちろん「食事習慣がカラダに与えるインパクト」

トレーニングは週に2回とすると月に8回
食事は一日3食で、月に90回、1日2食の方でも月に60回

8回と90回(または60回)、当然回数が多い方を気を付けたほうが身体は変わりますよね!「体は食べたもので出来ている」どこかのCMで聞いたような言葉ですが、まさにその通りです。僕らトレーナーも筋トレを週に4-5回行っていますが、身体を変えたい、体重を落としたいと思ったときは、絶対に食事を変える必要があります。

 

脂肪を落とす難しさを知る

さて、ここで皆さんに質問です。脂肪を1㎏落とすには、何キロカロリーのマイナスを作る必要があるかご存知でしょうか?

答えはなんと 7,200kcal

これは一日に 1000kcal マイナスをつくって一週間で達成できるように感じられますが、1日にマイナス1000kcalを達成しようとすると、身体の生存機能(内臓機能など)を動かすためのカロリーすら我慢する必要があり、とても出来るものではありません。「じゃあ運動で1000kcal 燃やせばいいんじゃないのか?」と考えられるかもしれませんが、1000kcal を例えばジョギングで達成しようとしたら、4~5時間ジョギングをする必要があります。

実際に 1 日にマイナス 1000kcal を達成することはトレーナーであっても難しいのです。そこで、まずはまずは脂肪をつけない工夫(食事の 大 切 さ )、 そ し て エ ネ ル ギ ー 消 費 量 を 高くするための筋肉量アップ(トレーニング
の大切さ)をすることが重要であることを確認しましょう!

ダイエットの基本的な考え方

さて、ここでダイエットの基本的な考え方、それぞれの優先順位を見ていきましょう!上のピラミッドで一番下が最も優先順位が高く、一番上が優先順位が低くなっています。

1.カロリー収支

食べ過ぎれば太り、適正な量であれば体重は変わらず、食べる量が減れば、体重は落ちます。「そんなの当たり前」と思われるかもしれませんが、減量や脂肪を落とす系のサプリメントのCMを考えてみると「サプリを飲めば痩せる」というようなイメージを持っているひとも少なくないのではないでしょうか? サプリのCMなどは最後に小さく「バランスの取れた食事を基本に、、、」等が表示されていますが、ほとんどの人は気にされていないのではないかと思います。図で見るとこういう感じですね↓

当たり前ですが、食べる量を気を付けることが1番大切です!

2.PFCバランスと食物繊維

後ほど詳しく記載しますが、要するに各栄養素(三大栄養素)をどれくらい摂ればいいんだ?という部分です。カロリーを抑えられたら、今度は中身を気を付けよう!というお話ですね!

3.ビタミン・ミネラル(微量栄養素)と水

ダイエットだけでなく、身体の中で起こる反応は全て水分と微量栄養素やホルモンが必要になります。一つのものだけを食べる(例えば鶏むね肉だけ)ではなく、いろんな種類の食べ物を食べる、必要であればマルチビタミンやミネラルをサプリで摂る、水分を1日2リットル(体重があればそれ以上)飲む、など身体の中の状態を整える必要があります!

4.回数とタイミング

朝ごはんを食べない方に、「じゃあ朝ごはんを食べましょう!」ではその方のライフスタイルを変える必要があるため、ハードルが高くなります。まずは上記の1日におけるカロリー収支(食べる量)、PFCバランス(食べる内容)、ビタミンやミネラル(身体の中を良くする)、ができてから、1日3食、夜遅くは食べない、などを注意するよ良いでしょう!

5.サプリメント

やっと出てきました、サプリメント。サプリメントは効果がない、という話ではなく、下の全てを行ってからサプリを飲むと効果が高まる、という話であり、「サプリだけ飲んでても変わらないよ」という点が重要です!全部できるなら、脂肪燃焼サプリを飲むことも大切ですし、一日に必要なタンパク質を食事で摂るのが難しい場合はプロテインを摂ることも重要です!

PFCバランス

では上記にありました、PFCバランスについて具体的にどのように食事を考えればいいのでしょう?
食事の考え方はカロリーと各栄養素のバランス、つまりPFCバランスで考えることが基本です。

PFC バランスとはタンパク質(Protein のP )、 脂 質 ( F a t の F )、 炭 水 化 物(Carbohydrate の C)三大栄養素のそれぞれの 1日摂取量のバランスのことです。

REGBODY では科学的根拠に基づいた計算を行い、そこからトレーナーの減量経験や指導経験を基にした調整を行って、最終的にお客様が目標を達成するための数値を決定します。

各栄養素の科学的な摂取量は以下の通りです。

この数値は世界的なトレーナーの協会であるNSCA(米国ストレングス&コンディショニング協会)の減量に関するセミナーからの数値であり、ボディメイク、減量の基本的な考え方です。目標となる体重で計算すると減量しやすくなりますが、具体的に計算をする場合には、以下の条件を考慮しながら、計算をする必要があります

  • 食生活
  • ライフスタイル
  • 目標(目標までの達成期間、無理がないかどうか)
  • 筋トレの頻度、強度

などです。

この部分をうまく皆さんの目標、達成するまでの期間、ライフスタイルに合わせて(例えば飲酒のことなど)計算をしていくことが大切です!中々そのまま数字通りにいかないのが、身体を変える難しさですね!

いかがでしたでしょうか?少しでも皆さんの食生活が楽しく改善でき、身体を変え、より自分に自信がもてる身体を手に入れてもらえれる一助となれば幸いです。

より詳しくご自身にあった食事のアドバイスが知りたい方はお気軽にREGBODYにご相談ください!

カテゴリー
COLUMN

流行りの「骨格診断」

流行りの「骨格診断」

皆さん、こんにちは!

トレーナーの森崎です。暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

マスクをしているとどうしても水分補給が少なくなり、熱中症のリスクが高くなるので、皆さん水分補給はこまめにすることをお勧めします!

ところで皆さんは「骨格診断」が最近話題に上っていることをご存知でしょうか?

「骨格診断」とは骨格に合わせて、ファッションやスタイルを提案するというもので、最近とても流行っているというものだそうです!

骨格診断では

  • ストレート
  • ウェーブ
  • ナチュラル

の3つのパターンに分けられるそうです。

その人の「骨格」や体質に合わせてファッションを選んでくれる、素晴らしいサービスでいつも服を選ぶときに迷いがちな自分には興味があるのですが、残念ながら女性向けのサービスでした、、、自分に合うスタイルがわからない、、という方は一度やってみてはいかがでしょうか?

 

REGBODYの「骨格診断」

 

さて、REGBODYでも「骨格診断」とも言えるチェックをやっているのですが、その内容は

  • 筋肉の固さ
  • 身体全体の動き
  • 関節の動き

大体この3つに当てはまります。そこから姿勢や筋肉のバランスを見ているわけですね!

例えばですが「ストレートタイプ」の方は以下のようなお悩みはありませんか?

  • 太ももの前が張る
  • ふくらはぎが張ったりする
  • 反り腰気味
  • 猫背で肩が前にでている(鎖骨が見えづらい)
  • 肩がこる

など、いかがでしょう?

 

トレーナーとしては当然ファッションのアドバイスができないので、解剖学や機能的なところから、姿勢や骨格を見ています。

例えばストレートタイプの人は前述のような太ももの前が張りやすかったり、お尻が下がっていたりするタイプの人が多いのではないかなと思います。このタイプの場合、太ももの前をストレッチして、お尻を鍛えると脚が細くなり、お尻があがる、というように改善できることがあります。

身体にファッションを合わせる、がファッションのほうなら、僕らの仕事は好きなファッションをするために身体を合わせる、といったところでしょうか。

 

身体をファッションに合わせる「骨格診断」にご興味ある方は是非REGBODYにご相談ください。

 

 

 

カテゴリー
COLUMN

REGBODYはプロアスリートにも対応します!

皆さん、こんにちは!REGBODYトレーナーの森崎です。

タイトルにもありますが、REGBODYにはプロアスリートがご来店されても、一般のお客様と同じようにその方の目的に合わせてトレーニング指導をさせていただいております。

本日は一例としてラグビー日本代表、中島イシレリ選手のトレーニング風景のご紹介を致します!

トレーナーは定期的に研修を行い、常に学ぶべき

一般的にパーソナルトレーニングジムではダイエットがメインのところが多いのですが、REGBODYではアメリカのプロスポーツでも使用されるStick Mobilityや、プロスポーツ選手への指導経験があるトレーナーが在籍し、またプロが来店されても対応できるように研修を日々行っております。

プロも一般の方も身体の構造は同じ

プロスポーツ選手であっても一般の方であっても、身体の構造、筋肉の種類は同じです。違うのは目的や運動経験のみ。重要なことはその方の身体をしっかりと「見る」ことです。

  • 分析をする
  • 課題を見つける
  • 目的を達成し、課題を解決ためのトレーニングを処方する

この3つはどんな方がいらっしゃっても変わることはありません。身体の特徴をつかむための方法、理論、経験を積んでいれば、目的に合わせてトレーニング方法を提案し、ご指導いたします。

REGBODYトレーナーは実践者である

REGBODYトレーナーは指導者(トレーナー)であり、且つ、トレーニングを積んでいる実践者(トレーニー)でもあります。自分たちがトレーニングを日々行っているからこそ、ジムでのトレーニングには絶対の自信を持ち、「トレーニング指導のプロである」という誇り、研修や実践で培われた自信を持って、どんな方にもご指導いたします!

ダイエットだけでなく、機能改善、運動能力の向上、スポーツパフォーマンスの向上など、身体や運動に関することは是非、REGBODYにご相談ください。

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

(イシレリさん、写真掲載に快くご承諾いただきありがとうございます!)

カテゴリー
COLUMN

肩こりラボと【連携】します!

皆さん、こんにちは!

REGBODYトレーナーの森崎です。

梅雨になり、毎日暑さとジメジメとした湿気、マスクでの息苦しさなど中々過ごしにくい時期になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? マスクをしているとつい水分補給を忘れがちになりますので、水分補給はこまめに行うことをお勧めします!

さて、以前、治療を主に行っている「肩こりラボ」との合同勉強会の様子をコラムにてご紹介いたしましたが、今回はその「肩こりラボ」との「連携」することが決定し、ここにご報告したいと思います。

 

「提携」ではなく「連携」

今回、肩こりラボとREGBODYは「提携」ではなく敢えて「連携」という言葉をつかっています。

「提携」とは共同で1つ事業を行うや、業務提携といった具合に契約を結ぶ、というような意味がありますが、「連携」は「互いに連絡を取りつつ、協力して同じ目的・志を持って独立して動くこと」というように捉えることができます。

合同勉強会のコラムにもありましたが、肩こりラボとREGBODYは「根本原因の解明」、「徹底的な対応」、「明確な結果」、という基本的な考え方が同じであり、「トレーナーや治療家は常に学び続け、お客様に最適の結果を提供する」という志を持っています。

ダイエットだけでなく、機能改善、痛みのケアなど、包括的に身体を見る、ということは全てのお客様にとって必要なことです。そしてそれを実現するには「トレーニングと治療」は切っても切れない関係があります。

それぞれに独立して、活動し同じ志を体現する。その中で必要に応じてお客様を互いに紹介したり、合同で勉強をしたりすることで、一緒に向上していく。そんな想いから今回は「提携」ではなく「連携」という言葉を使うことに致しました。

今後も合同勉強会やお客様の症例を共有し、どちらにいらっしゃる方にも最高の結果を提供できるよう邁進いたします! 

トレーニングだけでなく機能改善、姿勢改善、身体のケアなどでお困りの方はお気軽に無料体験にお越しください。

ページ下の無料体験のお申込みからどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

バストアップと自律神経の関係

 

自律神経の乱れとバストの関係について 

皆さんこんにちは!REGBODYトレーナーの濱野汐梨です! 

前回はバストアップに必要な食事のお話をさせていただきましたが、今回は引き続きバストアップに関連する内容をご紹介します!

 目次

  • 自律神経とは? 
  • 自律神経とホルモンバランスの関係 
  • 自律神経を整える食材 

今回ご紹介するのは「自律神経」についてです! 

バストと何の関係があるの?と思うかもしれませんが、実は深い関係があるんです! 

 

自律神経とは? 

 

人間の身体には無数の神経があります。 

 神経は脳と脊髄から構成されている「中枢神経」と 中枢神経の中心に存在する「抹消神経」に分かれていて、 さらに「末梢神経」は「自律神経」と「感覚神経」に分かれています。 

自律神経は、カラダの内部で不随意機能を持つ、 循環、呼吸、消化、発汗、体温調整、内分泌機能、生殖機能、および代謝のコントロールをしています。 

 自律神経はホルモンによる調節機構である内分泌系と協調しながら、 種々の生理的パラメーターを調整し「ホメオスタシス」の維持に貢献しています。 

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の二つがあり、この反対の働きをもつ神経がどう作用するかによって、心や体の調子は変わるのです。 

 交感神経

「交感神経」は私たちが活動をしているときに働く神経です。 交感神経が優位に働くと、「血圧の上昇」「心拍数の増加」「消化機能低下」など起こります。 また交感神経はストレスや緊張を感じているときも働きます。 

 副交感神経

「副交感神経」は休んでいるときに働く神経です。 交感神経とは反対でリラックスをしているときに優位に働きます。 副交感神経が優位に働くと、「血圧低下」「心拍数現象」「食欲促進」など起こります。 

 

自律神経とホルモンの関係 

このように「交感神経」と「副交感神経」の働きは真逆で 「交感神経」が優位に働きすぎてしまうと身体を壊す原因にもなってきます。 また「女性ホルモン」の分泌は神経らの指令でコントロールされているため 、ストレス・不規則な生活・睡眠不足といったちょっとしたことでもバランスが崩れてしまうのです。 

そのため「自律神経」を上手くコントロールすることでホルモン分泌がスムーズにされ 、結果バストアップにつながってくるのです。 

自律神経を整える食材を取ろう 

 「交感神経」が優位に働いているときは、ストレスが溜まっていたり 、イライラしたりしているときです。 

 そこで必要な栄養素は「カルシウム」です。 

 「カルシウム」は骨や歯を形成し、血液などにも一定濃度が含まれます。 筋肉や神経の働きを正常に保ってくれる働きがあるのです! 

 カルシウムが多く含まれる食品は? 

  •  乳製品
  • 魚介類
  • 大豆製品
  • 野菜類 

カルシウムは主に動性の食品に含まれ、とくに牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品に豊富です。 また骨を丸ごと食べられるワカサギやイワシ丸干しや煮干し、桜エビ、しらすなどに多く含まれており、貝類では特にハマグリに多く含まれています。 

植物性の食品では主にモロヘイヤや大根の葉などの青菜類に多く含まれます。 大豆製品にも多く含まれ、もめん豆腐はよい供給源となります。 また切干し大根やひじき、昆布、高野豆腐などの乾きものは成分が凝縮されていて、カルシウムが豊富に含まれています。 

効率のいい食べ方 

カルシウムは吸収率が条件によって変わる 

カルシウムは体内に吸収されにくい栄養素の一つです。
同時に何を摂取するか、喫煙するかしないか、など様々な要素によって吸収率が左右されます  

吸収率が高まる食材や吸収率の高い食材を選ぶと効率よく摂取することができます。 

乳製品は吸収率が良い 

 

カルシウムが体内で最も吸収されやすいのは乳製品です。 

乳製品はカルシウムが豊富なうえに吸収を促進させるカゼインホスホペプチドが同時に含まれており、カルシウム自体も吸収されやすい形状になっているためではないかといわれています。  

ビタミンDを一緒に摂取 

ビタミンDはカルシウムの吸収に必要なタンパク質の合成をさかんにするだけでなく、カルシウムが骨に沈着するのを促す働きがあるため、カルシウムと一緒に摂ると大変効果的といわれています! 

ビタミンDを含む食材はわまり多くなく、鮭やさんまなどの魚介類やきのこ類などに豊富なので積極的に摂っていきましょう! 

さて、本日のコラム、いかがでしたでしょうか。 

ホルモンバランスの乱れを防ぐには、「副交感神経」を優位に働かせることが重要になってきます。 

自分自身のリラックスできる方法を見つけてあげましょう!

 

より詳しい内容、具体的にご自身の食事や運動、自律神経のバランスをどうすればコントロールできるのか等、気になる方は、是非無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

 

カテゴリー
COLUMN

肩こりラボ(治療院)との合同勉強会

皆さん、こんにちは!REGBODYトレーナーの森崎です。

今回は先日行われた肩こりラボ(治療院)との合同勉強会についてご紹介いたします!今回は3つの段落に分けてご紹介いたします。

  • REGBODYの機能改善
  • 肩こりラボ紹介
  • 先日の勉強会「胸椎」

REGBODYの機能改善

REGBODYではダイエットはもちろん、機能改善や痛みに関するご相談も承っております。もちろん必要であれば病院での診断をお願いし、医師の判断や指示を仰ぐ場合もありますが、病院での検査は問題がない、それでも痛みがある、という場合には筋肉の固さやそれに伴う関節の可動域制限、いわゆる「機能低下」が原因の場合が多く見受けられます。そういった場合に、単純なダイエットだけでなく、機能改善を考慮したダイエットプランを提供し、実際に効果を実感していただいております。

詳しい実体験にご興味がある方は是非お客様の声(インタビュー)のページをご覧ください。

お客様の声:インタビューページはこちら

さて、そのような機能改善にも対応するREGBODYではありますが、そういった痛みの改善を考える場合、私たちトレーナーの立場で考えることと、鍼灸師や柔道整復師といった治療家の立場で診ることには違いがあります。どちらが良い、というわけではなく、どちらも大切、そしてどちらの考え方も知っておくことで、協働し、より良いトレーニング、治療を行うことができると私たちは考えています。そのような私たちと同じ考え方を持つ治療院「肩こりラボ」と定期的に勉強会を行っております。

肩こりラボ

肩こりラボについては是非HPをご覧になっていただきたいと思いますが、以下、肩こりラボ様のHPから基本理念を紹介いたします。

【引用:肩こりラボHPより】

肩こりラボHPはこちら

肩こり ラボでは、対症療法と原因療法を組み合わせた理学療法を行います。肩こりの原因は複数あり、複雑にからみあっていますが、主となる原因は筋肉の問題です。

 

肩こりラボの基本理念は「根本的な改善」「患者さん本位」「わかりやすさ」です。具体的には以下の3つを柱として診察いたします。

 

・根本原因の解明

・徹底的な処置

・明確な結果

まさにこの3つは私たちトレーナーにとっても大切な3つとも言えます。目的がダイエットだったとしても

根本原因:食事・運動習慣・生活習慣の見直し
徹底的な処置:原因を改善するための知識を学び、実行する
明確な結果:減量・筋力アップ・機能改善

というように考えられます。このように立場は違えど、「お客様を健康に、そして幸せにしたい」という想いと「トレーナーや治療家は常に学び続け、お客様に最適の結果を提供する」という志が同じである私たちは勉強会ではいつも議論に熱が入り、時間があっという間に過ぎていってしまい、また毎回多くの学びを得ております。

さて、前置きが少々長くなってしまいましたが、先日の勉強会は【胸椎】をテーマに行いました。

勉強会テーマ【胸椎】(背骨の上の方)
要約:猫背の原因や改善はどうする?

毎回テーマを決め、REGBODYから1名、肩こりラボから1名の代表がそのテーマに沿ったプレゼンテーションを行い、ディスカッションをする、という形式で行っております。私は一番後ろで写真を取ったり、録音したりしていましたが、全スタッフが本当に集中し、インプット、またアウトプットし各々の考え方や、質問を投げかけ合っています。

ちなみに今回のテーマ「胸椎」について語るととても長くなってしまうので詳細は是非REGBODYにお越しいただいた際にご説明したいと思いますが、簡単に皆様向けにお伝えすると「猫背ってなぜ起こるのか?どうしたら改善できるのか?」といった部分を解剖学的な見地から議論した、というように言えるかと思います。(かなりざっくりですが、、)

このように、毎回2時間以上の時間をかけ、定期的に勉強をすることで、お客様に最も適切なトレーニング方法をご提供できるように日々インプットとアウトプットをしております。

最後に、これはREGBODY、肩こりラボ共通の認識ですが、

身体の痛み等がある場合はまず第一に医療機関で受診をする

ことをお願い致します。医療機関で問題なし、と診断されたら、その痛みは筋肉や機能低下によるものである場合が多く、私たちが対応させていただきます!

より詳しい内容、ご自身の身体で気になる方は、是非無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

REGBODYの安心安全への取組み

皆さん、こんにちは!本日は皆さまに安全、安心にご利用いただけるようREGBODYで行っている新型コロナウィルス感染拡大防止への取組みについてご紹介いたします。

 

パーソナルトレーニング
だからこそできる
安全への取組み

 

  1. 密を避けることができる!

    REGBODYは完全個室、完全予約制。他のお客様との接触がほとんどなく、またご予約の際にはロッカーが密にならないようにご案内を徹底しています。

  2. スタッフの健康管理の徹底!

    REGBODYトレーナーは出勤前の検温、出勤後の手洗い、うがい、手指の消毒を徹底して行っています。個室でのご案内だからこそ、おひとりずつの対応前に必ず手洗いと消毒、また通勤時、就業時のマスク着用を義務づけております

  3. 消毒の徹底!

    完全個室のため、1回のトレーニング終了後に必ず消毒を実施。大人数が集まる通常のジムでは常に消毒をすることは不可能ですが、パーソナルジム・完全個室だからこそすべての器具を毎回消毒することが可能です!
    またお客様用に消毒液を各トレーニングブース、ロッカー、受付に設置しております。

  4. 換気の徹底!

    REGBODYの個室には全て窓があり、現在は窓を必ず開け、換気を常に行っております。

お客様が使用した後のトレーニング器具は必ずアルコール消毒を施し、換気や館内清掃の徹底を行っておりますので、どうぞ安心してご来店ください。

気温も高く梅雨に入ったため、マスク着用時の熱中症リスクが高くなっております。マスク着用であっても水分補給をお忘れにならないように皆様お気をつけてお過ごしください。

上記他、感染防止に関しましてご不安がある方はご相談ください。

現在無料体験・カウンセリングを行っておりますので、一度ジムをご覧いただければご安心していただけると存じ上げます。

REGBODY

カテゴリー
COLUMN

バストアップと食事の関係

女性ホルモンとバストアップ、お勧めの食材

皆さんこんにちは(*^^*) 

REGBODYトレーナーの濱野です!今回は、前回ご紹介した女性ホルモンの記事に基づいて、女性ホルモンの活性化とバストアップ、それに関連する食事のお話ししていきたいと思います! 

目次

  • バストアップは本当に可能なの? 
  • バストアップに必要な栄養素は? 
  • エクオールを生成できない人の割合 
  • サプリメントについて 

バストアップは本当に可能なの?

誰もが柔らかくてふっくらしたバストに憧れますよね。
よくバストアップという言葉を聞きますが、バストアップは本当に可能なのでしょうか? 

答えはイエスです! 

 バストに関する悩みは人それぞれだと思いますが、例えば以下のようなものが挙げられるかと思います。

  • もともと華奢で脂肪があまりなくて下垂している 
  • 加齢により下垂している 
  • 授乳により下垂している 
  • バストの重さに負けて下垂している 

 等々。

元々こういう体質だからと諦めていませんか?
下垂の原因は人それぞれですが、バストアップの方法は実は全て同じなのです! 

バストアップをするための方法としては

  • トレーニングによるバストアップ
  • エステによるバストアップ
  • 食事によるバストアップ  等々

 この中でも今回はお食事に着目してお話しをしていきたいと思います! 

バストアップに必要な栄養素

前回女性ホルモンについてお話をしましたが、 バストアップに必要なのは女性ホルモンを活性化させることです。 

では、女性ホルモンを活性化させるために必要な栄養素は何でしょうか? 

正解は【イソフラボン】です。 

イソフラボンは、女性ホルモンの一種「エストロゲン」と類似しており、 エストロゲン様の作用を持つことから「フィトエストロゲン」と言われており 女性ホルモンを活性化させる役割を持っています。 

また血中のコレステロール値を低下させるポリフェノールの一種でもあり、 動脈硬化の進展に抑制的に働く可能性があるとも言われています。 

女性ホルモンのエストロゲンを注射で打てればいいのですが、そうはいかないので イソフラボンが多く含まれている食材、 大豆製品の納豆やお豆腐、味噌などを積極的に摂取することをお勧めします。 

また、大豆イソフラボンには、「ゲンステイン」と「ダイゼイン」が含まれていて そのダイゼインから腸内細菌により生成される「エクオール」というものがあり、 エクオール」は「大豆イソフラボン」と比べて、より女性ホルモンに似た働きをするといわれています。 

エクオールを生成できない人

大豆イソフラボンが体内の腸内細菌のチカラで変換されて生まれる「エクオール」 。しかし、

大きな問題が一つあるのです。 

それは、この「エクオール」を体内で作れる人と作れない人がいるという事です。 

「エクオール」を産生させるための腸内細菌を日本人の場合、 2人に1人しかもっていないのです。 

女性ホルモンを向上させるサプリメント

「イソフラボン」のサプリメントは昔から知られていますが、 「エクオール」も、現在はサプリメントで摂取することができます。 実際に女性ホルモンを増加させることはできませんが、「エストロゲン」と似た働きの成分を補うことができるのです。 

 そして上述した通り「エクオール」は「大豆イソフラボン」と比べて、より女性ホルモンに似た働きをするといわれていますので「イソフラボン」のサプリを摂るよりも 「エクオール」のサプリを摂取することをお勧めします。 

 女性ホルモンに近い成分の大豆イソフラボンが多く含まれている食材や、 サプリメントを活用しより綺麗なバストを作っていきましょう! 

より詳しい内容、具体的にご自身の食事をどうすれば良いのか気になる方は、是非無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

女性ホルモンとダイエットの関係性

女性ホルモンとダイエットの関係性

皆さん、こんにちは(^^♪
REGBODYトレーナーの濱野汐梨です!

本日は女性向けにホルモンバランスがどのようにダイエットに影響を及ぼすのかについてお話ししたいと思います。

目次

  • ホルモンの種類
  • ホルモンの働きと分泌時間
  • ホルモンと体重の関係性
  • 太る時期の食事のポイント

ホルモンの働きと種類

まず初めに、【ホルモンの働きと種類】についてお話しします。ホルモンは線細胞でつくられ、血液中の濃度変化によって作用したり、身体の状態を一定に保ったり、器官や細胞、組織の機能を促進したり、抑制する働きなどがあり100種類以上あることが分かっています。

ホルモンを分泌するのは、卵巣、精巣、腎臓、膵臓、副、胸腺、甲状腺、松果体、脳下垂体、視床下部などがよく知られています。

今日はその中でも特に女性には身近な卵巣でつくられる女性ホルモン、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)について詳しくお話しします。

二種類のホルモンについて

卵胞ホルモンや黄体ホルモンというよりも”エストロゲン”と”プロゲステロン”いう呼び名のほうがご存知の方が多いのではないかと思います。ここでは簡単に働きと分泌時期について説明していきましょう!

卵胞ホルモン:エストロゲン

【働き】

  • 女性らしさをつくるホルモン
  • 女性らしい身体をつくり、子宮に作用し、妊娠に備えて子宮の内膜を分厚くする
  • 自律神経、感情の働き、骨、皮膚、脳の働きにも大きく関わっている
  • 基礎体温を下げる働き

【分泌時期】

生理の終わりころから、排卵にかけて分泌が多くなり、基礎体温は低温になりやすい

エストロゲンの分泌が多い時期は、卵胞期とよばれ、比較的身体も心もお肌も安定し、体調が良い時期

黄体ホルモン:プロゲステロン

【働き】

  • 妊娠を助けるホルモン
  • 体内の水分を保持したり食欲を増進させる働きがある
  • 受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整える
  • 基礎体温をあげる

【分泌時期】

排卵後から次の生理にかけて分泌され、基礎体温は高温になりやすい

プロゲステロンの分泌が多い時期は黄体期と呼ばれ、人によっては、腹痛、腰痛、頭痛が起きたり、むくんだり、精神的に不安定になってイライラしたり、吹き出物がでたりすることもあります。

このような症状が重くなると、PMS(月経前症候群)と呼ばれます。

上記の通り、プロゲステロンはむくみであったり、食欲増進作用であったり、ダイエットにとっては敵という事がおわかりいただけるのではないでしょうか。

ダイエットの観点から考えると”敵”である、プロゲステロンですが、もちろん私たち女性のカラダの仕組みとっては大切なホルモンです。ではどのようにプロゲステロンと付き合っていけばいいのでしょうか?

ホルモンバランスと体重の関係性

上述のようにプロゲステロンの分泌は排卵後から次の生理にかけて、すなわち二週間は太りやすくなる時期と考えられています。

プロゲステロンの働きで細胞に水をためやすくなり2~3kg増加してもおかしくはありません。

ただプロゲステロンの働きの中で一番厄介なのは食欲増進させることです。

特に炭水化物や脂質を多く摂取したくなり、精神の安定に深くかかわる神経伝達物質『セロトニン』を減少させるため、甘いものを食べたくなるのです。

その逆でエストロゲンは脳の満腹中枢を刺激するためすぐ満腹感を感じますし、空腹時にでる飢餓ホルモン『グレリン』を感じにくくします。

【太りやすい時期の食事のポイント】

普段が、一日3食をとっているとすればその3食を6回くらいに分け、小分けに食べるようにしましょう!

少量の食事をとることにより満腹中枢を満たしてくれます。

またこの時期に不足しやすい『セロトニン』を摂取しましょう。増やすためには必須アミノ酸の『トリプトファン』が必要となります。ただしトリプトファンは体内で生成できないので食事からとる必要があります。

おすすめの食材

  • カカオ70%以上のチョコ
  • 豆腐、納豆などの大豆製品
  • チーズ、ヨーグルトなどの乳製品
  • ナッツ、卵、バナナ

上記の食材などを積極的に摂っていきましょう!

肉や魚にもトリプトファンが多く含まれていますが、動物性たんぱく質に含まれるBCAA(必須アミノ酸)は、トリプトファンを脳に取り込みにくくするため、植物性のたんぱく質から摂取するのがおすすめです。

またプロゲステロンはエネルギー消費を亢進するため、朝に有酸素運動などを取り入れるのがおすすめです!

しっかり自分の生理周期を把握し、上手くホルモンと付き合ってダイエットを成功させていきましょう!

より詳しい内容、具体的にご自身の食事をどうすれば良いのか気になる方は、是非無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

『ジムFIT』に掲載されました。

【REGBODY】が、『ジムFIT』に紹介されました。

東京都新宿区でおすすめのパーソナルトレーニングジムが探せる「ジムFIT」

是非、ご覧ください。

より詳しい内容、REGBODYが気になる方は是非無料体験にお越しください。
無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ。

本件に関するお問い合わせ
REGBODY
TEL:03-4580-7475
Mail:info@regbody.com

カテゴリー
COLUMN

【動画】トレーナー紹介!

みなさん、こんにちは!いつもREGBODYコラムページをご覧いただき、ありがとうございます。

トレーナー紹介ページで各トレーナーの経歴などをご覧いただいているかと思いますが、本日は動画で各トレーナーをご紹介したいと思います!

 

YouTube REGBODYチャンネルでは面白動画や勉強になるような動画もございますので、是非ご覧ください!
チャンネル登録をしていただけると僕らの励みになりますのでぜひお願い致します!

気になるトレーナー、トレーナーと直接話がしたい!そう思っていただけたら是非気軽に無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

営業再開のお知らせ

【営業再開のお知らせ】

 

いつもREGBODYをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

新型コロナウィルス感染拡大防止、また緊急事態宣言を受け、休業をさせていただいておりましたが、下記日程より営業を再開致します。

皆様ご存知の通り、緊急事態宣言の延長が5月末までとなりましたが、トレーニングを開始したいという多くのお声をいただき、私共としましても最大限の感染拡大防止策を講じ、皆様のご要望にお応えするため営業を再開することを決定いたしました。

引き続き新型コロナウィルス感染拡大防止を最優先事項とし、状況に応じて、対策・営業時間の変更等の対応を行う可能性がありますことをご了承ください。また予約枠の制限等でご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

また皆様にお会いできることを心よりお待ち申し上げております。

REGBODY一同

【営業開始日時と感染防止策】

営業再開:5月12日(火)より

営業時間:8時~23時(最終受付22時)

防止策実施期間:再開から当面の間(状況により変動)

勤務体制:2チーム制(スタッフ間の感染防止のため)

感染防止策として、スタッフの出勤及び勤務時間を調整いたします。それに伴い、担当トレーナーの変更、お時間の変更をお願いする場合がございます。

【予約枠の制限】

お客様が館内で接触する機会を最小限とし、また館内全体の消毒時間確保のため、予約枠を制限いたします。

※ お客様へのお願い

ご来店の際にはマスク着用、また検温をお願い致します。
検温をされていらっしゃらないお客様へは受付にて検温を実施いたしますので、ご協力のほどよろしくお願い致します。

カテゴリー
COLUMN

免疫力を上げる食事:5つのポイント!

みなさん、こんにちは。
REGBODYパーソナルトレーナーの辻です。
新型コロナウィルスが中々収まりませんが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?運動不足やストレスなどでコロナでなくとも体調を崩しやすい方も多いのではないでしょうか。

REGBODY遠方でジム通えない方、パーソナルトレーニングに興味のある方、健康について学びたい方に向けてnoteで情報を発信しています!

今回は免疫力と食事について記事をあげております。是非、ご参考ください!

より詳しい内容、具体的にご自身の食事をどうすれば良いのか気になる方は、是非無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

本件に関するお問い合わせ
REGBODY
TEL:03-4580-7475
Mail:info@regbody.com

カテゴリー
COLUMN

REGBODYライブトレーニング開始!

みなさん、こんにちは!
外出自粛、またテレワーク等で運動不足になっていらっしゃいませんか? REGBODYでは、そのような皆さんの運動不足解消に少しでも役立つように、YouTubeやインスタグラムでオンライン・ライブトレーニングをスタート致しました。

配信日程:毎週火・木・土・日
配信時間:14時、18時

(配信時間は変更になる場合がございます。詳細はREGBODY YouTube 公式サイトでご確認ください)

見逃してしまった方も、REGBODYのYouTubeチャンネルで後から視聴も可能です。是非ご利用いただき、みんなで乗り越えていきましょう!

REGBODY YouTube REGチャンネルはコチラ

REGBODY Instagram はコチラ
Instagram @gym_regbody

カテゴリー
COLUMN

運動で免疫力はあがるのか?

みなさん、こんにちは。
REGBODYパーソナルトレーナー、森崎です。
新型コロナウィルス対策のため、在宅の方がほとんどかと思いますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

遠方でジム通えない方、パーソナルトレーニングに興味のある方、健康について学びたい方に向けてnoteで情報を発信しています!

今回は運動と免疫についての関係について記事をあげております。是非、ご確認ください。

より詳しい内容、具体的なトレーニングプランや免疫力を上げる食事など、細かな部分が気になる方は、是非無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

アルコールは筋肉にどのような影響を及ぼすのか?!

REGBODYでは、遠方でジム通えない方、
パーソナルトレーニングに興味のある方、
健康について学びたい方に向けてnoteで情報を発信しています!
新型コロナウィルスで自宅待機が増えると、アルコール摂取量が増える方が多いと思います。
ということで、今回は、「アルコールは筋肉にどのような影響を及ぼすのか?!」について杉本トレーナーがお届け致します!

より詳しい内容、具体的にご自身の食事やお酒の量をどうすれば良いのか気になる方は、是非無料体験にお越しください!
無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

筋トレと死亡率(生存率)の関係

REGBODYでは、遠方でジム通えない方、
パーソナルトレーニングに興味のある方、
健康について学びたい方に向けてnoteで情報を発信しています!

今回は、「筋トレと死亡率(生存率)の関係」について鈴木トレーナーがお届け致します!

より詳しい内容やこれ以外にも健康について気になる方は、是非無料体験にお越しください!

無料体験はこのページ下部の体験予約からお気軽にどうぞ!

カテゴリー
COLUMN

『ANGIE』に掲載されました。

【REGBODY】が、『ANGIE』に紹介されました。

【2020年】東京のパーソナルトレーニングジムおすすめ比較25選!

【美尻専門】東京でヒップアップができるジムおすすめ比較8選【安い順も】

是非、ご覧ください。

本件に関するお問い合わせ
REGBODY
TEL:03-4580-7475
Mail:info@regbody.com

カテゴリー
COLUMN

【2020.04.06】緊急事態宣言についてREGBODYの方針

近々政府より緊急事態宣言が発令される予定ですが、
REGBODYの方針としては特別な理由や
業務停止命令がない限り営業を続けていく予定です。
営業内容に関しては一部変更し営業していきます。
以下ご確認ください。

①短縮営業
通勤などのピークを避け
10:00~21:00(場合によって変更あり)までの営業とし「三密」を避けます。
具体的には

  • 予約は1時間に2名までの予約枠
  • ロッカーは1人1部屋使用
  • インターバルは1時間空け消毒タイム
    と対応させていただきます。

しかしながら、状況をみながらお互いの感染リスクを下げるためにも
休業も考えておりますのでその際は
またご告知させていただきます。

カテゴリー
COLUMN

【2020.03.27更新】新型コロナウイルスの対策要請を受けての弊社対応について

日頃よりREGBODYをご利用頂き、誠にありがとうございます。
今回の新型コロナウイルスに対して国、東京都の方針に沿って、皆様にとって最善の対応ができるよう努めて参ります。
ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

3月28日(土)、29日(日)は通常通り営業いたします。
以下の内容をご確認いただき、ご不明点は担当トレーナーへ何なりとお申し付けください。

<キャンセル・有効期限について>

  • 本日(3/27)から当日キャンセルや通常キャンセルは無償で承ります。LINEまたはお電話でご連絡ください。
  • 本日分以降のセッションキャンセルに伴うWEB予約可能数は減少しないよう設定をいたします。
  • 既存のお客様全員の有効期限を1ヶ月延長いたします。

<お客様へのお願い>

  • ご自宅で検温をしていただき、LINEでご報告をお願いします。
    お忘れの場合は体温計を準備しておりますので、フロントで検温をお願いいたします。
    37.5℃以上の熱、咳、倦怠感等がある場合はトレーニングをご案内できませんのでご了承ください。
  • ご家族や同居中の方に発熱がないことを確認させていただきます。
  • 入館時に手のアルコール消毒をお願いいたします。
  • セッション前とセッション後の手洗いうがいをお願いいたします。

<REGBODYでの対策事項>

  • トレーナーは自宅と出勤時に検温を実施し、37.5℃以上の熱、咳、倦怠感がある場合は出勤禁止としております。
  • トレーナーはセッション時にはマスク着用を徹底致します。
  • トレーナーはセッション毎に手洗い・うがい、手指消毒を徹底致します。
  • 館内の器具や設備の消毒、フロアの換気・適度な湿度を徹底管理いたします。

会員の皆様におかれましては、快くご協力を頂き誠に有難うございます。
皆様の安全、感染拡大防止の観点からの然るべき処置を適切に行なっていく所存でございます。
改めて行政より方針が出た際には、今後の対応について随時ご報告をさせていただきます。
引き続き、ご理解賜りますよう宜しくお願いいたします。

2020年3月27日 REGBODYスタッフ一同

カテゴリー
COLUMN

『みんなのパーソナルトレーニング』に掲載されました。

【REGBODY】が、『みんなのパーソナルトレーニング』に紹介されました。
是非、ご覧ください。
新宿のおすすめパーソナルトレーニング厳選9ジム

本件に関するお問い合わせ
REGBODY
TEL:03-4580-7475
Mail:info@regbody.com